こころのなかには  うみ がある。

ボクは そこに  すんで いる。

うみが なみだに  なるときに

かぷかぷかぷかぷ  やってくる。

うみが しずかになる ひ まで

ずっと いっしょに いてあげる。